健康 汗の気がかり

気になる病気辞典

こんな時・”どうする”
「おや、おかしい」と思うの症状から、受診の必要性や病気健康の有無を知るための気になる病気辞典のサイトです。

Top>lこんな時・”どうする”>> >汗>>汗の気がかり
sp
☆汗の気がかり☆
一日600〜700mlの汗が出ます
汗は皮膚に200〜300万個あるといわれる汗腺でつくられ、皮膚の表面に分泌されます。分泌量は一日に600〜700mlですが、運動時には4000〜1万mlにも達します。
この汗腺には、エクリン腺とアポクリン腺のふたつがあります。エクリン腺は全身に分布して、皮膚の乾燥を防ぐとともに、体温や体内の水分を一定に保つはたらきをしています。アポクリン腺はわきの下、乳首、陰部などに分布して特殊なにおいを出しています。体臭のもとをつくっているのです。
汗には、ナトリウム、カルシウム、乳酸などの成分が含まれ、激しい発汗では、多且里の塩化ナトリウム(塩分)が失われます。


延髄と大脳皮質が自律神経を介して汗を調整します
この生理的な汗の調整をしているもとは延髄です。体内の水分や温度、皮膚表面の温度などをキャッチしながら、汗を出したり(温熱性発汗)、汗の分泌をおさえたりする命令を、自律神経を介して出しているのです。一方、手に汗を握るというように、精神的に興奮したり動揺したりすると汗をかくことがあります。これを精神的発汗といいます。これを調整しているのは大脳皮質です。カッとすると、その興奮は大脳皮質に伝えられ、ドッと手のひらや足に汗をかいて、興奮をしずめるよう信号を出すのです。

異常に汗が出るのは内臓や神経に異常があるからです
夏、私たちが汗をかくのは当たり前です。汗をかいてからだの表面をぬらすと、気化熱が奪われて、からだの表面を冷やします。天然のクーラーのはたらきをしているのです。高熱を出す病気、たとえばかぜ、肺炎、腎孟腎炎、敗血症などでは異常なほど汗をかきます。汗をかいて、気化熱によって体温を下げようとするはたらきがあるからです。ところが暑くもないのに、熱性の病気でもないのに、やたらに汗をかくことがあります。この場合は、内臓や神経系統、ホルモン系統に異常があることが考えられます。

気化勲
液体が蒸発して気化するときにうば一つ熱です。汗をかいたときに風がふくと、濠しく感じるのは、汗が蒸発するときの気化熱で、からだの表面の温度が下かるからです。
発汗と気温
気温が上がれば汗をかきますが、汗をかく気温は活動状沢によって違います。一般に安静時では、気温が30度になると汗をかき始めます。衣服を身につけて湿度が高い場合は、25度で汗をかき、運動をしているときは、20度で汗をかくようになります。汗の量は体温の上昇に比例してふえていきます。
■気になる生理について
■乳房について…
■胸やおなかについて
■顔色について
■気がかりな汗について
■鼻汁・涙について
■皮膚のこと
■髪の毛と体毛について
■不快症状について
■気がかりな尿について
■不正出血がある
■気がかりな爪について
■気がかりな手足について
■気になる唇と舌
■皮膚のこと

■HOME     
■プロフィル
  
■居酒屋甚平ホームページ 
sp
Copylight (C)2008 Allこんな時・”どうする” Rights Reserved.