骨粗鬆症 ビタミンD

健康 食の雑学


健康な食生活のための雑学


食べることが健康という、東洋医学の「医食同源」はまさに現代の食生活には大事なこととなってきました。
ほんの少しだけの食の雑学骨粗しょう症の予防はカルシウムと一緒に『ビタミンD』をとらないと果がなサイトです。


スポンサードリンク
健康倶楽部2>>健康な生活のために>> 健康な食生活な雑学>> 骨粗しょう症の予防はカルシウムと一緒に『ビタミンD』をとらないと効果がな
【骨粗しょう症の予防はカルシウムと一緒に『ビタミンD』をとらないと効果がない】
 
最近、骨粗鬆症が問題になっている。骨粗鬆症とは、骨の中のカルシウムが抜けて、骨がすかすかになってしまう状態である。こうなると、骨折してもなかなか元には戻らない。
骨粗しょう症は、とくに女性に多く、閉経期が訪れる熟年以降に急速に進行することが分かっている。その原因は、女性ホルモンの分泌と大きな関係がある。

骨粗鬆症の予防法としては、若いうちにカルシウムの摂取が十分にカルシウムをとることが必要だ。カルシウムの蓄積は35歳ぐらいまで行なわれるが、それ以後は、カルシウムをいくら多くとっても、しだいに骨から抜けていくからだ。

 骨粗鬆症を防ぐにはどういう手立てがあるだろうか。以前はほとんど打つ手がなかったが、最近、活性ビタミンDを投与することでカルシウムの抜け方の進行をくいとめることができるということが判明した。
 人体ではビタミンDが肝臓で活性化され、活性ビタミンDに変化する。したがって、ビタミンDの多い食品を十分とればよい。その代表的なものとしては、サケ、ニシンといった北の海の魚がある。

 キノコ類にもビタミンDは多いが、人工乾燥のものにはほとんどない。
また、シイタケを食べて口光浴をすれば体内でビタミンDがつくられるとされていたが、これも間違いであることが分かった。

 どうしても、ビタミンDの多いシイタケが欲しければ、生シイタケを買ってきて、自分で直射日光に当てて乾燥させるしかない。

 キクラゲは口光乾燥が主流であるためビタミンDが非常に豊富である。したがって、骨粗しょう症の予防には、カルシウム食品と一緒に、サケ、ニシンのような魚とか、キクラゲなど日光で乾燥したキノコ類を食べることが大きく役立つのである。

 シイタケは、動脈硬化を防ぐともいわれている。
リンク
尿酸値 -健康用語辞典 キリンビールお客様センター プリン体と人体の関係について 健康 食の雑学 リンク集

通風にビールは大敵なの・・?

リンゴ、それともグレープフルーツ→下痢のときいいのは?


便秘を防ぐ食物繊維はジャムにも豊富知ってましたか?


風邪はショウガ→殺菌作用で撃退


糖尿病の人は「清涼飲料水」は超ダメ

骨粗しょう症の予防はカルシウムと一緒に『ビタミンD』をとらないと効果がない


ストレス撃退ー一日一皿の酢の物

過労死から身を守る!『マグネシウム』が大事です。…


成人病を予防する強い味方ーそれは『コンブ』


エィ〜ほんとにアクの多い野菜はガンに効くの?


更年期かな?と思ったらのサフランを・・

「赤ワイン」って制ガン作用があるの」?.


コレステロールは「動脈硬化の予防にいい」って本当かい?

腰痛予防の「ゼリー」はどちらでつくる?ゼラチンor寒天.

ガンを予防すると言うタンニンが多いお茶は?

サラダ油それともゴマ油→アレルギーの天敵はどっち?"

エィ〜すき焼き後の、メロンをは体にいいの?なぜ?.〃
禁煙・タバコをやめて4年目   からだのS・O・S   食と健康(医食同源)   間違いだらけのダイエット   THEサプリメント   おもしろ食の雑学
スポンサードリンク

Copylight (C)2008 All健康倶楽部2☆健康と健康食品と禁煙と Rights Reserved.