ゴマ油 アレルギー

健康 食の雑学


健康な食生活のための雑学


食べることが健康という、東洋医学の「医食同源」はまさに現代の食生活には大事なこととなってきました。
健康のために必要なものをどう摂るか、ほんの少しだけの食の雑学サラダ油それとも
ゴマ油→アレルギーの天敵はどっち?
サイトです。
スポンサードリンク
健康倶楽部2>>健康な生活のために>> 健康な食生活な雑学>> サラダ油それともゴマ油→アレルギーの天敵はどっち?
【サラダ油それともゴマ油→アレルギーの天敵はどっち?】
 
 「アレルギー」とは、わけがわからないという意味らしい。アレルギー性の疾患というのは、原因不明の疾患といってもよいだろう。しかし、喘息やアレルギー性湿疹などの原因として、サラダ油などをはじめとして植物油に多く含まれている、リノール酸が大きな原因となっていることが近年判明してきた。

 牛肉や鶏肉などの肉類にはアラキドン酸という脂肪酸がかなり多く含まれている。アラキドン酸は肉特有の脂肪酸であって、これがもとで血液中でできるプロスタグランジンは、血管を収縮させ、また、同時に気管なども収縮させる。さらに、体液の皮膚への浸透を高めるといった作用をもっている。そのため、アラキドン酸をとりすぎると、喘息の発作や皮膚のアトピー性の湿疹がでやすい。

 植物性のサラダ油などに含まれるリノール酸を多食した場合でも、肉類を多量に食べたときとまったく同じ結果となる。
だから、リノール酸を多く含むサラダ油で揚げたてんぷらを多量に食べたり、あるいは、毎日の食事でリノール酸の多い油を使用したりすれば、当然ではあるが、アレルギー性疾患は悪い方向へ向かうのである。

 魚の脂肪の中に含まれているDHAは、血管の収縮を緩和し、また、アレルギー性の皮膚炎を緩和する方向へ働く。そこで魚を食べた方がよいわけであるが、だが魚が嫌いな人は・・・植物油の中にもDHAと同じ系列の脂肪酸を含むものがあるからだ。
それはシソ油とかエゴマ油脂肪酸である。ちなみにエゴマ油は、ゴマ油と名前は似ているが、シソ科植物からとれるものだ。DHAのような魚の脂肪酸と同じくものである。これは、リノール酸系とは違うものです。よくアレルギー性疾患にシソ油がよいどいわれるのは、こういった理由からである。ただし、シソ油はかなり高価である。魚を食べることで十分目的を達することができるのだから、経済的には魚からとる方が賢明だろう。

 アレルギー性疾患がある場合の油の知識をまと、ておこう。アレルギーには、リノール酸の多い油(ベニバナ油、大豆油、コーン油、綿実油)の摂取を控えることが大切だということになる。
 一方、とってよい油としては、先にあげたシソ油、エゴマ油以外に、リノール酸が少なく、オレイン酸などの安定した脂肪酸を多くもつ油として、オリーブ油、菜種油、ゴマ油、米ぬか油がなどである。
リンク
尿酸値 -健康用語辞典 キリンビールお客様センター プリン体と人体の関係について 健康 食の雑学 リンク集

通風にビールは大敵なの・・?

リンゴ、それともグレープフルーツ→下痢のときいいのは?


便秘を防ぐ食物繊維はジャムにも豊富知ってましたか?


風邪はショウガ→殺菌作用で撃退


糖尿病の人は「清涼飲料水」は超ダメ

骨粗しょう症の予防はカルシウムと一緒に『ビタミンD』をとらないと効果がない


ストレス撃退ー一日一皿の酢の物

過労死から身を守る!『マグネシウム』が大事です。…


成人病を予防する強い味方ーそれは『コンブ』


エィ〜ほんとにアクの多い野菜はガンに効くの?


更年期かな?と思ったらのサフランを・・

「赤ワイン」って制ガン作用があるの」?.


コレステロールは「動脈硬化の予防にいい」って本当かい?

腰痛予防の「ゼリー」はどちらでつくる?ゼラチンor寒天.

ガンを予防すると言うタンニンが多いお茶は?

サラダ油それともゴマ油→アレルギーの天敵はどっち?"

エィ〜すき焼き後の、メロンをは体にいいの?なぜ?.〃
禁煙・タバコをやめて4年目   からだのS・O・S   食と健康(医食同源)   間違いだらけのダイエット   THEサプリメント   おもしろ食の雑学
スポンサードリンク
Copylight (C)2008 All健康倶楽部2☆健康と健康食品と禁煙と Rights Reserved.