腰痛 ゼリー

健康 食の雑学


健康な食生活のための雑学

食べることが健康という、東洋医学の「医食同源」はまさに現代の食生活には大事なこととなってきました。
健康のために必要なものをどう摂るか、ほんの少しだけの食の雑学腰痛予防の「ゼリー」はどちらでつくる?ゼラチンor寒天サイトです。
スポンサードリンク
健康倶楽部2>>健康な生活のために>> 健康な食生活な雑学>> 腰痛予防の「ゼリー」はどちらでつくる?ゼラチンor寒天
【腰痛予防の「ゼリー」はどちらでつくる?ゼラチンor寒天】
 
 寒天の材料は海藻なので、ほとんど消化吸収されない炭水化物でできている
 ゼラチンの主成分はタンパク質だからである。おやつにゼリーをつくるときは、ゼラチンを使った方が栄養的にプラスになる。ゼラチンは、コラーゲンという固いタンパク質からできているが、コラーゲンは免疫性を高める働きをもっている。免疫性が高まると、風邪などの病気にかかりにくくなり、また、かかっても治りやすくなる。ガンに対しても抵抗性をもつといわれているし、潰瘍に対しても保護作用がある。

 漢方薬では「阿膠」というコラーゲン主体の漢方薬がある。これは抗潰瘍性の効用があるいわれているが、コラーゲンを酵素である程度分解したペプチドは、胃潰瘍に対して保護作用が強い。コラーゲンは関節などの柔軟性を保つ働きがある。年齢が高くなると、関節のコラーゲンが減り、腰痛などが起こりがちだが、ゼラチンゼリーを食べることで腰痛の防止にも役立つ。そこで、デザートやおやつに取り入れたり、オードブルにゼリー寄せをつくるなど、食べ方も工夫したいものである。


 ゼラチンゼリーをつくるとき甘味をつけるのに、砂糖はカロリーを増やすだけで栄養効果は期待できないので,できるだけ避けるようにしたい。それよりも、カリウムやビタミンCを補給できる100%果汁を使うことをおすすめする。リンゴやブドウ、パイナップルなどいろいろあるが、とくにリンゴやブドウは甘味が相当に強い。それに牛乳、ヨーグdト、フルーツなどを加えてゼリーをつくれば、さらに栄養的に優れ、味のよいおやつになる。ただし、パイナップル、パパイア、イチジク、キウイなどを生で加えるとゼリーは固まらない。これらの果物には、タンパク質を分解する酵素が含まれているからだ。
リンク
尿酸値 -健康用語辞典 キリンビールお客様センター プリン体と人体の関係について 健康 食の雑学 リンク集

通風にビールは大敵なの・・?

リンゴ、それともグレープフルーツ→下痢のときいいのは?


便秘を防ぐ食物繊維はジャムにも豊富知ってましたか?


風邪はショウガ→殺菌作用で撃退


糖尿病の人は「清涼飲料水」は超ダメ

骨粗しょう症の予防はカルシウムと一緒に『ビタミンD』をとらないと効果がない


ストレス撃退ー一日一皿の酢の物

過労死から身を守る!『マグネシウム』が大事です。…


成人病を予防する強い味方ーそれは『コンブ』


エィ〜ほんとにアクの多い野菜はガンに効くの?


更年期かな?と思ったらのサフランを・・

「赤ワイン」って制ガン作用があるの」?.


コレステロールは「動脈硬化の予防にいい」って本当かい?

腰痛予防の「ゼリー」はどちらでつくる?ゼラチンor寒天.

ガンを予防すると言うタンニンが多いお茶は?

サラダ油それともゴマ油→アレルギーの天敵はどっち?"

エィ〜すき焼き後の、メロンをは体にいいの?なぜ?.〃
禁煙・タバコをやめて4年目   からだのS・O・S   食と健康(医食同源)   間違いだらけのダイエット   THEサプリメント   おもしろ食の雑学
スポンサードリンク
Copylight (C)2008 All健康倶楽部2☆健康と健康食品と禁煙と Rights Reserved.