タバコを止めようと思った本当の理由  禁煙

健康 禁煙


禁煙
タバコと健康

タバコをやめて4年目・・・私の成功法 ヘビースモーカーチェーンスモカー が突然に
禁煙
した本当の理由は・・
タバコと健康

【スポンサードリンク】
健康倶楽部2Top>>禁煙>>タバコを止めようと思った本当の理由
【タバコを止めようと思った本当の理由】

 「誰でもタバコはやめられる。しかし簡単にやめられる」という事ではありません。
 少なくても私の周りには、あの禁断症状を乗り越えて、タバコとすっぱりと縁を切った人が少なくありません。
 もし、喫煙者に「タバコを吸うと死ぬぞ」と言ったとしても、止めようと思う人は少ないでしょう。どんな癌でも大変な苦痛の果てに、命を終えるという。その中でも肺がんは、最も苦痛なそうだ。「肺がん」とタバコの因果関係は無いなどと言う学者もいるようであるが、肺がんは喫煙者に圧倒的に患者が多いのも事実なのである。
 「なぜタバコをやめたほうがいいのか」を考えるとかえって禁煙が難しくなります。
なぜなら、タバコはある人にとっては古き良き友、またある人にとっては心の支えです。それはまた喜びであったりします。いずれにしろ、タバコを無理やり取り上げると、自ずと犠牲心が生まれます。
 2002年1月1日午前0時「一年の計は元日にあり」を実践したわけです。
その約3ヶ月前から、肺に吸い込まない、いわゆる”ふかし”喫煙を始めました。それは慣れるまでは辛くて苦いものです。
ただしこの”ふかし”については副流煙の危険性があるために、3ヶ月が限界と言われています。約3週間で慣れました。肺からニコチンを追い出してしまうわけです。
 喫煙者のほとんどはタバコに正当性を与えようとしますが、そんな正当性はすべて虚構であり幻想です。
 「タバコを吸うと心が落ち着く・・・」
 「タバコは間合いが計れる・・・」
 などなど、
タバコを止めても失うものがないばかりか、吸わない人には素晴らしい利点がたくさんあることもわかるでしょう。健康やお金などは、そんな利点のほんの一部でしかありません。
 まず、タバコをやめれば人生はつまらなくなるという妄想を取り除き、タバコを吸わなくても人生は変わらないのです。
タバコを止めて4年目・・・
タバコを止めようと思った本当の理由
タバコを止めたくない理由
タバコでは健康になれない
代用品ではタバコは止められない
本気でタバコを止めると決心する
タバコは吸わないほうがいい
タバコを止めると楽になる
タバコを吸い続けるとどうなる
  タバコは自殺行為です・・
  フィルターだって有毒です。・・
  まずは肺と気管支が危険・・・
  そして・心臓 血管・・・
  タバコで胃や腸までも赤信号・・・
  
タバコの最大の原因はタバコ・・・・
受動喫煙と副流煙
タバコと肺がんの関係
タバコ以外でも肺がんになる2
肺がんが生じるメカニズム3
肺がんはいきなりできるわけではない4
タバコと癌遺伝子の関係
5
肺がんにも多くの種類がある6
肺がんの種類7 
肺がんの症状8

肺がんの治療9
タバコが原因の怖〜いとCOPD
COPDって何?1
原因はタバコ2
喫煙指数3
壊れた肺は戻らない4
予防5
治療6
タバコ
先進国での病気と死亡の原因No.1
健康倶楽部2Top からだのS・O・S 禁煙  Theサプリ Link サイトマップ
【スポンサードリンク】
Copylight (C)2008 All 健康倶楽部2☆健康と健康食品と禁煙と Rights Reserved.