食の健康 陰と陽

食の健康 東洋医学


健康な食生活のために

現代はありとあらゆる食べ物にあふれていますが、その反面、生活習慣病メタボリックシンドローム など半健康人
激増しています。医食同源食の健康のための食生活の医食同源とは・を東洋医学陰と陽 から検証します


【スポンサードリンク
健康倶楽部2>> 健康な生活のために>>医食同源とは・・東洋医学の陰と陽について>>東洋医学での食とは・・・?
[東洋医学陰と陽とは・・との関係]
東洋医学での食とは・・・?
まず、陰と陽とは、これは、太陽と月、天と地、男と女、熱寒、上下、昼と夜、夏と冬、気と血、この世の森羅万象をすべて陰と陽に分類し、宇宙全体にあてはまるものと考えられてます。陰陽は相対的に調和されていてこそバランスを保っています。


 西洋医学の原点は、一つの細胞がたくさん集まって人間の身体ができているといいます。細胞の説明から始まります。ところが、東洋医学では、、人間を理解していこうという立場が東洋医学の原点なのです。食物の東洋医学の中での位置づけを知るということは、その前提として、人間とはどういうものであり、人間と宇宙との関わりの中で、最も近い接点として食物があるわけです。
陰と陽は互いに引き合う性格があります。人間でいえば男性を陽といい、女性を陰といいます。反対に女性同士、陰と陰、男性同士、陽と陽は互いに反発し合います。

 陰と陽が結びついたとき新しい生命がうみだされます。男と女が子供をつくるということ。これは陰稽陽と陽の結びつきです。食べ物に限らず、あらゆるものが陰と陽の性格を合わせ持っています。ですから、陰である女性が同時にその中に陽をかかえ込んでいます。どちらに近いか、どちらをより多く持っているかということです。

 人間が健康を維持するためには、どういう食べ物を食べるべきかということは、これまでの人間進化をかんがえてみることです。
 それは陽性の人間があまり陽性に片寄ったものばかりを食べていると、陽性過多による病気になってしまうことで説明がつきます。そこで、人間が地球を覆ってしま1ほど人類の発達には、同時に食べるべき順番とか、食物の陰陽というものを正しく知る必要があると思うわけです。

. 人問は胎内にあるときは母親の体液を栄養とし、生まれてすぐにこんどは母乳という動物性を栄養の主体としたもので育っています。成長に従って、穀類などを主食にします。それから脊権動物とか鯖椎重カ物、魚類、貝類とい1ものを食べま礼それから野鳥の類。現代の栄養学では・この鳥の肉と豚肉を比べ、どちらが健康にいいかといラと・コレステロールの少ない鳥肉のほうがよいと、すぐ答がかえってきます。

 これは生命の発生段階からみますと、鳥肉のほうが豚肉より進化の段階が少なく人間の進化の過程からずっと離れた位置から離れているものほど・その食品は人馴1とって無害安全というわけです。
 果実は・進化の段階では穀類につ!・で優れた食べ物です穀類自体は芽を持っていて、それによって次の新しい生命をつくるメカニズムを持っています,果物も同様に・実の真ん中に種があり、その外側に果肉があまいその肉を腐らせ、吸収させて養分として種が育ちます。種子その実蹄った果実は、かなり優れた食品!いえるでしう。その実の中に、生命が発生して育つために必要な大事な栄養素を全部持っているからです。
食べ物の陰と陽
医食同源とは
東洋医学での食とは
食べ物の陰と陽
病気別の陰と陽の食べ方
身体と陰陽・・・
健康な食生活のための知恵
【スポンサードリンク】


禁煙・タバコをやめて4年目   からだのS・O・S   食と健康(医食同源)   間違いだらけのダイエット   THEサプリメント   おもしろ食の雑学

Copylight (C)2008 All健康倶楽部2☆健康と健康食品と禁煙と Rights Reserved.