ダイエット デザート

健康 ダイエット


間違いだらけのダイエット


エイ!!そうなの意外なダイエットの間違った常識・・・ 健康ダイエットの基礎知識・・・
【スポンサードリンク】

健康倶楽部2>>間違いだらけのダイエット>>デザートは食べすぎ防止になる?ホント

●デザートは食べすぎ防止になる?ホント 

 驚くなかれ。デザートの糖分は、食べすぎを防止するのに効果があるというのだ。
 よく食前に甘いものを多く食べると食欲がなくなるといわれる。血液中の糖分か増加してくると、満腹感がでてくる。 血糖値が上がってしまうと、空腹感がなくなる。
人の満腹感は血液中の糖分によって左右されるのである。

 最近の日本の食事は、洋風化してきて、消化吸収に時問がかかる、脂肪の多い料理が多くなってきた。それは脂肪には消化液が作用しにくく、 脂肪が胆汁の中に含まれる胆汁酸などによって乳化されて初めて消化されるからである。そのため食べてもすぐには、血糖値が上昇しない。 食事をしてもなかなか満腹感が出てこないのだ。 したがって、満腹感が出ないままについつい食べすぎてしまうことになる。
 そこで、腹八分目というくらいのところで糖分を含むデザートを食べると、たちまら・満腹感を感じる。 脂肪と違って糖分はすぐに吸収され、血液の糖分を増すからである。したがって、
デザートを食べることは、食べすぎを防ぎ、減食しているという 感じをもたずに肥満も防叱するという効果があるのである。ただしデサードの糖分はよいのだが、間食にしばしば糖分の多い菓子類を食べることは肥満の原因となる 。これはたくさんは食べていないようでも、結果的には、糖分を多くとることになり、その糖分か体内で脂肪に変わり、肥満につながるからである。
 では、今までのの食生活では、昔はなぜデザートがあまり重視されなかったのであろうか。それは、主食としてデンブンの多い米などの穀物が主食に、 今より多量に食べられていたからである。そして、食べすぎない方法としては、よく噛むようにといわれてきた。 噛むことによって唾液には強力なデンフン分解酵素であるアミーフーゼが含まれているので、ロの中ですでに糖類が多く生産され、消化器からの糖類の吸収も早くでき、 満腹感を得られやすかったからである。
 しかし、食べ物に脂肪分が多いと、デンプン食品をいくらよく喘んで唾液のアミラーゼが作用しにくい、水に溶けていろアミーフーゼの作用を妨害するからなのである。 洋風な食事は、いくら噛んでもあまり血糖値を上げるのに貢献しないので〜る。
 食べすぎ防出にデザートは必要だが、ここで注意したいのは、クリームの多い洋果子を食べると、 脂肪に邪魔されて糖分の吸収が遅れれ肥満につながりやすいということだ。その点、
和菓子は低エネルギーで優れたデザート ある

●スーパーモーニングダイエットとは
●貧血(鉄分不足)に……貝がいい
●野菜サラダも高カロリーって本当・・ 
●ダイエット中は肉も食べよう 
●食事抜きはダイエットにならない肥満へ
●デザートは食べすぎ防止になる?ホント
●清涼飲料水は体脂肪化の元凶・・・?
●塩分の取りすぎは太りやすい体質に‥ 
●イモは食物繊維とカリュウムの宝庫・・
●骨そしょう症の防止は35才まで
●こんにやくダイエットの注意点とは
●ゆっくり歩行がカロリーを効率よく消費する








リンク集

サイトマップ

profer

Linkについて

禁煙・タバコをやめて4年目   からだのS・O・S   食と健康(医食同源)   間違いだらけのダイエット   THEサプリメント   おもしろ食の雑学
【スポンサードリンク】

Copylight (C)2008 All健康倶楽部2☆健康と健康食品と禁煙と Rights Reserved.