ダイエット 有酸素運動

健康 ダイエット


間違いだらけのダイエット


エイ!!そうなの意外なダイエットの間違った常識・・・ 健康ダイエットの基礎知識・・・
【スポンサードリンク】
健康倶楽部2>> 間違いだらけのダイエット>>歩く(有酸素運動)が一番

●カロリーを効率よく消費するには歩く(有酸素運動)が一番 

    ジョギングは一時大変なブームになった。しかし、   ダイエットの一つの方法としてジョギングは意外に激しい運動なので、運動の中で死亡率がもっとも高い のがジョギングなのである。
 肥満している場合、ジョギングは休に大きな負担をかける。本人はそれほどに思っていなくても、休に含まれる休脂肪の比率が高いと、その分、 筋肉は少ないから、軽いジョギングのつもりでも、心臓にとっては大きな負担になることがしばしばある。これが死亡率を高めている原因なのである。
 次に死亡率が高いのはゴルフです。ゴルフでの死因は、ホールからホールヘと歩く時間はそれほど長くない。しかし、立ち止まり、緊張して玉を打つときに、 血圧は急速に上昇する。これが死因につながると言われています。

 では、どのような運動が休脂肪を減らすのに有効なのでしょうか。それは、あまりゆっくりでは効果がないが、
できるだけ連続してゆっくりと歩く ということである。しかし、その速さは、以前は、少し汗ばむ程度といわれていたが、 現在は、それよりももっとゆっくりした方がよいということが確認されている。息がはずまず、しゃべる余裕がある位ということ、その程度の速度が適当だということだ。 スピードを出しすぎて、黙々と強引に歩くことになると、心臓に大きな負担をかけることになる。

 さて、
体脂肪が減少する歩き方とはく、15分以上連続して 歩いたときである
 歩き始めて、最初の15分は血液中に含まれているブドウ糖などの糖分がまず燃焼する。15分を経過したあたりから体脂肪が、糖分に変わり、さらにエネル ギー化して消費されていくのである。したがって、体
脂肪を消費するた めには、15分以上連続歩行の機会がどれだけあるかということが重要である。 これは一日の歩行数とはあまり関係がない。
 よく万歩計を付けていて、「今日は一日に2万5千歩も歩いた」という人がいたとしても。それは短距離を断続的に、繰り返し歩いていたからで体脂肪燃焼 の役には全然立っていないのだ。
 
連続歩行で一日に8000歩以上歩けば、高血圧や糖尿病に大きな効 用があることが認められている。

 ところで、この歩くという行動は、とくに男性の肥満はリンゴ型といわれる、腹の部分が太くなる太り方に対して大きな効果を発揮するようだ。。これは 、内臓型脂肪が多くついているという信号であり、病気をひき起こしやすい危険な肥満である。
 近代的な生活になっても急速に変化するものではなく、運動量の少なくなった現代の生活では、ある程度努力しなくては消費エネルギーを大きくすること はできない。その点からも、歩いてエネルギーを消費することが大切である。++

●スーパーモーニングダイエットとは
●貧血(鉄分不足)に……貝がいい
●野菜サラダも高カロリーって本当・・ 
●ダイエット中は肉も食べよう 
●食事抜きはダイエットにならない肥満へ
●デザートは食べすぎ防止になる?ホント
●清涼飲料水は体脂肪化の元凶・・・?
●塩分の取りすぎは太りやすい体質に‥ 
●イモは食物繊維とカリュウムの宝庫・・
●骨そしょう症の防止は35才まで
●こんにやくダイエットの注意点とは
●ゆっくり歩行がカロリーを効率よく消費する












リンク集
サイトマップ
profer
Linkについて
禁煙・タバコをやめて4年目   からだのS・O・S   食と健康(医食同源)   間違いだらけのダイエット   THEサプリメント   おもしろ食の雑学
【スポンサードリンク】

Copylight (C)2008 All健康倶楽部2☆健康と健康食品と禁煙と Rights Reserved.