健康食品 ビタミンD

The サプリメント

健康食品ビタミンDの情報サイト。サプリメントの成分や栄養素の解説のほか、健康な暮らしに役立つ情報を紹介しています。

ビタミンD

【スポンサードリンク】
健康倶楽部2>>Theサプリメント>>ビタミンとミネラル>ビタミン
サプリメントの成分
ビタミンとは・・・
ビタミンA
ビタミンB群
ビタミンC
ビタミンE
ビタミンD
ミネラルとは・・・9
カルシュウム
マグネシュウム
ナトリュウム
亜鉛
セレン
カリュウム
バナジュウム

食物繊維
DHA/EPA
キチンキトサン
オリゴ糖
コラーゲン
ポリフェノール
レシチン
タウリン
レノール酸

ビタミンDは 骨の形成に関わりが深いカルシウムの働きを調節する脂溶性のビタミンです。

 骨の形成に不可欠で骨粗しょう症の予防&治療も骨作りに欠かせないビタミンDは肝臓や腎臓で活性型ビタミンDになり、腸でのカルシウム吸収を促進させ、血中のカルシウムを骨へ運ぶのを助けます。また骨へのカルシウムの沈着をサポートし、骨粗しょう症も改善します

 不足することは 大人で「骨軟化症」子供では「くる病」の原因となり また 歯を支える骨が弱ったり 閉経後の女性・高齢者には  「骨粗鬆症」の心配もでてきます。 体内に入ったビタミンDは肝臓と腎臓で 活性型ビタミンDに作り替えられ カルシウムや の吸収を助けカルシウムが骨に沈着するのを助けます。 これは 紫外線によって作られるので 
日光によく当たることが必要です。

 カルシウムの99%は骨に、1%は筋肉にあ・り、筋肉の収縮作用をしますが、筋肉にあるカルシウムが減少するとDが各種ホルモンと一緒に骨からカルシウムをとり出し、筋肉に使えるように調整。それでも足りない場合は、尿中に排泄しないよう再吸収させる働きがあります。

ビタミンDには 植物食品に含まれる「D2」と動物食品に含まれる「D3」があります。 ビタミンDとカルシウムが不足すると 骨がもろくなる
「骨粗鬆症」になりますが それ以外にも カルシウムが血液中に不足すると  各種のホルモンと協力して 骨からカルシウムを取り出す働きをしているため 血管へのカルシウム沈着量が多くなり 動脈硬化の原因となります。 しかし 大量摂取も血管壁や臓器にカルシウムの沈着を促します。

食品での摂取は必要範囲(数百単位は必要量の範囲)ですが ビタミン剤の服用などでの  数千単位の摂取は過剰とされるので 薬での摂取は安全な範囲にしたいものです。
【働き】
@カルシウム、リンの吸収と代謝のバランスをととのえ、
A骨や歯を丈夫にする
B心臓の機能を正常に保つ
C細胞を成長させる
D神経系の働きを正常に保つ
E筋肉の動きをなめらかにする
F血液を正常に固め、出血を止める
健康倶楽部2Top からだのS・O・S 禁煙 Theサプリ