健康食品 ビタミンB群

The サプリメント

健康食品ビタミンB群の情報サイト。サプリメントの成分や栄養素の解説のほか、健康な暮らしに役立つ情報を紹介しています。

ビタミンB群水溶性ビタミン

【スポンサードリンク】
健康倶楽部2>>Theサプリメント>>ビタミンとミネラル>ビタミンB群
サプリメントの成分
ビタミンとは・・・
ビタミンA
ビタミンC
ビタミンE
ビタミンD
ミネラルとは・・・9
カルシュウム
マグネシュウム
ナトリュウム
亜鉛
セレン
カリュウム
バナジュウム

食物繊維
DHA/EPA
キチンキトサン
オリゴ糖
コラーゲン
ポリフェノール
レシチン
タウリン
レノール酸
今・注目の健康食品

ビタミンB1
炭水化物からエネルギーを生み出すときや、タンパク質を体内で有効活用するためになくてはならないビタミン。健康に役立つ腸内有用菌の活性化にも必要です。
糖質が分解され エネルギーに変わるとき酵素が働きますが 酵素には補酵素が必要で ビタミンB1はこの補酵素の働きをするビタミンです。 ビタミンB1の不足は 糖質の分解がうまくできず 乳酸などの疲労物質が溜まり疲れやすくなります。 ビタミンB1は水溶性のビタミンなので 水に溶けやすく  熱によって破壊されやすいので調理によりかなり損失されます。  貯めておくこともできないので 必要量の確保が必要となります。
   [働き]
   @胃腸、心臓の筋肉の弾力を保つ
   A心臓のリズムをととのえる
   B砂糖、でんぷん、アルコールの消化分解を促す
   C喜体にたまった余分な水分をやさしく排出する
   D記憶力や学習能力を向上させる
   Eストレスに対する抵抗力を高める
ビタミンB2
細胞に酸素を供給するほか、炭水化物、脂肪、タンパク質の代謝を促します。食べ物からとりやすいビタミンですが、ゆですると含まれたビタミンB2が壊れてしまうので、調理法を工夫が必要です。
不足すると 眼や粘膜に影響があらわれ 口内炎・口角炎になります。脂質代謝に関係します。糖質の代謝にも関わっています。 脂質の量が多くなると 必要量が多くなります。皮膚や爪・髪などをつくり 成長を促進させる働きをしています。またビタミンB2は過酸化脂質を分解し  生活習慣病予防に役立っています。
   [働き]
    @エネルギーを作り出す
    A呼吸を正常に保つ
    B食べ物の分解消化を促す
    C粘膜の新陳代謝を促す
    D脂肪の燃焼を促す
    E神経系の働きを正常に保つ
    F波膚、爪、毛髪を丈夫にする
    Gがん細胞の発生を抑える
ナイアシン
糖質・脂質・蛋白質の代謝に不可欠なビタミンで ビタミン「B3」とも呼ばれる水溶性ビタミンのひとつです。 精神的ストレスが多く 胃腸障害がある場合などは ナイアシンをたくさん摂る必要があります。 ナイアシンは 必須アミノ酸のひとつの「トリプトァン」を原料にして体内合成もされます。 この ナイアシンの体内での合成の能力は ビタミンB1・B2・Bが不足すると低下します。 ナイアシンはお酒とも関係があり アセトアルデヒドを分解し 飲むほどにナイアシンが使われてしまいます。 ナイアシンは 糖尿病と関係が深くインスリンの合成と関係するのですが ナイアシンの大量摂取が 糖質の処理能力を妨げるとも言われています。 
   [働き]
    @がん細胞の発生を抑える
    Aアレルギー症状を改善する
    B高血圧を改善する
    C血液の循環をよくする
    D血液中のコレステロール値や中性脂肪値を下げる
    E神経、皮膚、舌、消化器の細胞の働きを正常にする
    Fタンパク質を作り出す
ビタミンB6
脂質代謝にも関係し リノール酸やリノレン酸を 細胞膜に必要なアラキドン酸に変えるはたらきをしています。蛋白質の代謝と関係するビタミンです。蛋白質の量がますほど必要量が増します。 蛋白質はいったんアミノ酸に分解され 体内に必要な蛋白質に再合成されますが この時働くのがビタミンB6です 。また  それ以外にも 赤血球のヘモグロビンの合成 免疫機能を正常にする(アレルギーの治療薬として使われる)ためなどにも働いています。 インスリン合成に関係するナイアシンを 体の中で作るのにビタミンB6が働きます。
   [働き]
    @ナトリウムとカリウムのバランスを調整し、体内の水分量を一定に保つ
    A炭水化物、脂質、タンパク質の代謝に必要な酵素を作る
    Bエネルギーを作り出す
    C免疫力を保つ
    DビタミンB12の吸収を助ける
    EPMS(月経前症候群)を改善する
    F前立腺肥大を予防する
    G脂肪の燃焼を促す
    H赤血球を作り出す
    I繊血液をサラサラに保つ
    J総セロトニンなど脳内の神経伝達物質を作る
    K正常な遺伝子を作り出し、老化を防ぐ
ビタミンB12
タンパク質、ビタミンC、葉酸、鉄のサポートで赤血球を作るのがビタミンB12。これらの栄養素もいっしょにとるのが理想的です。腸内で有用菌の働きによって作られるので、腸を健康に保つためにも大切です。。このビタミンは 体の中でも最も少ないビタミンで コバルト原子を含むため「赤いビタミン」と呼ばれています。 ビタミンB12は 葉酸と協力して 赤血球のヘモグロビンの合成を助け 悪性貧血を予防します。 胃を手術した後は 胃から分泌される蛋白質の一種がないとB12は吸収されないので 不足してしまいます。
   [働き]
    @酸素を運ぶヘモグロビンを作り、血液循環をよくする
    A生殖機能を正常に保つ
    Bあざを薄くする
    C細菌やウイルスに対する抵抗力を高める
    Dエネルギーを作り出す
    E脂肪の燃焼を促す
 葉 酸
ビタミンB12と協力して 造血にはたらく水溶性ビタミンです。先進国の女性の50%は葉酸不足という報告が。ぜひ意識してとりましょう。  葉酸が不足すると赤血球の出来が悪くなり その結果悪性貧血がおこります。 また腸管粘膜などは 細胞新生が多いのですが 葉酸が不足すると細胞が出来ずに潰瘍ができることがあります。 また妊娠中には必要なビタミンで 胎児や乳幼児の成長には欠かせなく 欠乏すると脳神経の形成に異常がでます。  ビタミンCによって活性型に変わるので ビタミンCと共に摂ると良いのですが  ビタミンCを大量に摂取すると 葉酸の排泄量を増やすため ビタミン剤で一日2g以上ビタミンCを摂っている人は 葉酸の必要量も増えることになります。
   [働き]
    @細胞の新陳代謝を促す
    Aがん細胞の発生を抑える
    B炭水化物、脂質、タンパク質、ミネラル、ビタミンの代謝にかかわる
    C赤血球を作り出すときに重要な働きをする
    DビタミンB6、B12とともに働いて動脈硬化の原因となるホモシステインを滅らす
 パントテン酸
パントテン酸はビタミンB5とも呼ばれるビタミンです。抗ストレスの働きをするビタミンです。老化抑制作用で注目される成長ホルモンや、ストレスに強くなるホルモン、性ホルモンなどの生産にかかわるビタミン。細胞の修復など、免疫カアップにも大きな力を発揮します。腸内の有用菌によって体内でも作られますが、腸が健康でないと不足がちに。パントテン酸は コレステロールとも関係が深く  善玉コレステロールを増やし心臓や血管の病気の予防に役立ちます。 パントテン酸は ビタミンB6や葉酸と一緒に 免疫力強化に働きます。不足すると風邪やインフルエンザにかかりやすくなります。 腸内細菌によっても合成されます。

   [働き]
    @副腎を刺激してステロイドホルモン(副腎皮質ホルモン)の合成を促す
    A消化機能を正常に保つ
    Bストレスに対する抵抗力を上げる愁シワができるのを防ぐ
    C免疫力を正常に保ち、がん細胞の発生を抑えたり傷の治りをよくする
    Dアミノ酸を作り出す
    E動脈硬化を引き起こす物質、ホモシステインが作られるのを防ぐ
    Fアレルギーを起こしにくくする
    G善玉コレステ□一ルをふやし、悪玉コレステ□一ルを滅らす
    Hエネルギーを作り出す
    I関節炎を予防する
    J疲労物質の乳酸が作
られるのを抑える
   K脂肪の燃焼を促す
健康倶楽部2Top からだのS・O・S 禁煙 Theサプリ 
Copylight (C)2008 All健康倶楽部2☆健康と健康食品と禁煙と Rights Reserved.